スティーブ・ハケット、新作アルバムを語る!

スティーブ・ハケット先生の4年ぶりとなるスタジオアルバム「ウルフライト」<Wolflight>の詳細が発表されました。
収録曲は下の10曲で、内容は「内面と外宇宙の両方の旅を通じ、すべての人々の自由への葛藤」を表しているとのこと。「それは、はるかギリシャやアゼルバジャン、アメリカの深南部、そしてサハラ砂漠を超え、我々の昨日から、はるかな古代を呼び起こします・・」とハケット先生は、公開されたメッセージビデオ(下)でおっしゃってます。

ゲストミュージシャンには、キーボードのロジャー・キング、ドラムのゲーリー・オトゥール、サックスのロブ・タウンゼントなど、アツーアバンドの面々の他に、クリス・スクワイヤ大魔神とヒューゴ・デーゲンハルト(ドラム)も1曲づつ参加している模様。

さらに、ハケット先生は、2015年の10月に19日間の英国内ツアーを行うとことを発表しています。

「ウルフライト」<Wolflight> トラックリスト

  1. Out Of The Body
  2. Wolflight
  3. Love Song To A Vampire
  4. The Wheel’s Turning
  5. Corycian Fire
  6. Earthshine
  7. Loving Sea
  8. Black Thunder
  9. Dust And Dreams
  10. Heart Song

コメントは受け付けていません。