クリムゾンの1972年のブートレグ音源!

 1972年のブートレグ・ライブ音源が公式リリースです。相変わらずなんでも売っぱらってくれます。さすがフィリップ大明神。
 英ワトフォードのタウンホールでのライブから、観客が録音したものなので、音質は望めませんが、今回が初めてのお目見えになるとかで、なかなか貴重なものではありますね。
 フィリップ大明神のほか、ドラムがビル・ブラフォード、ベースがウェットン大先生、それにヴァイオリンのデビッド・クロスさんと、へんてこパーカッショニストのジェイミー・ミューア大臣も活躍しておられた時期ですね。クリムゾンの公式サイトであるDGM Liveで販売中!こちらでサンプルも聴けますよ。

72

トラックリスト
Disc 1
1. Larks Tongues In Aspic Pt I – 10.38
2. Book Of Saturday – 3.38
3. Improv I – 25.47
4. Exiles – 7.17

Disc 2
1. Easy Money – 7.58
2. Improv II – 11.52
3. The Talking Drum – 5.04
4. Larks Tongues In Aspic Pt II – 7.56
5. 21st Century Schizoid Man – 7.51

基本的にこちらでダウンロード販売ですな。
http://www.dgmlive.com/archive.htm?artist=4&show=241&member&entry

このメンバーの時期のライブ映像

KING CRIMSON – video archives 1972-74 投稿者 prograrities

コメントは受け付けていません。