スタックリッジの来日が実現!!

 まさか来日が叶うとは思いませんでした!スタックリッジが来日です。スタクリッジといえば、当初はパストラル・ロックなどとよばれ田舎のビートルズ的なのんびりプログレサウンドで知られたバンド。というのは、今年発売40周年記念となる、彼らの代表作「山高帽の男」<The Man In The Bowler Hat>をプロデュ−スしたのがサー・ジョージ・マーティンだし、中心人物の一人アンディ・デイビスは、何と言ってもジョンのアルバム、「イマジン」でほんの少しアコギターを弾いてたりして、日本ではビートルズとのつながりで知られていたバンドと言ってもいいでしょうね。

Poster

 しかし、これが実際には実にひねくれた奥深いバンドなのでした。
 前出のアンディ・デイビス(G&Vo.)とジェイムス・ウォーレン(G/B&Vo.)という二人の中心人物は、このバンド解散後に、ニューウェーブ/テクノ時代に対応したコーギース<The Korgis>を結成し、大ヒット曲「永遠の想い」<Everybody’s Got To Learn Sometime>を放ちます。実に多くのカヴァーバージョンが存在し、映画、CM、TVなどでも使用されまくった名曲ですね。
 スタックリッジは、一時期、オリジナル・メンバーで再結成されましたが(2人の他にもリードヴォーカルとフルートのマイク・スレーターや、ヴァイオリンのマイク・エヴァンスの存在も重要なバンドでした・・)今は、2人の他、バイオリンに、クレア・リンゼイ<Clare Lindley>、キーボードにクレン・トーミィ<Glenn Tommey>、ドラムスにエディ・ジョン<Eddie John>という2002年からサポートに入っいる3人を加えた5人組。このメンツで日本にも来る予定のようです。
「永遠の想い」でヴァイオリンを弾いていたスチュアート・ゴードン<Stuart Gordon>さんは、去年惜しくも亡くなりましたが、このツアーの後は、(同じメンバーで)コーギースとしてのツアーも予告している、デイビス&ウォーレン、コンビなので、一部、コーギースの曲のプレイも期待できそうです!

予定日は2015年の10月24日(土)。場所は吉祥寺だそうです。

<STACKRIDGE LIVE 2015 – THE FINAL BOW TOUR in JAPAN>

015.10.24(土) 
吉祥寺 CLUB SEATA
1stステージ 13:30開場 / 14:30開演
2ndステージ 18:30開場 / 19:30開演
※LIVEは入れ替え制の2回公演。

前売りチケット:9,000円(税込) ディスクユニオンなどで4月26日より販売。

主催:スタックリッジ/ザ・コーギス ライヴ・イン・ジャパン実行委員会
後援:サードアイディスク, ストレンジ・デイズ
協力:ディスクユニオン, ワールドディスク, アカシックレコード
問合せ:スタックリッジ/ザ・コーギス ライヴ・イン・ジャパン実行委員会

コメントは受け付けていません。