サンタナのスーパグループ!

 サンタナさんがビルボード誌に語ったところによれば、どうも2つのビッグ・プロジェクトが計画されているようです。
 一つはサンタナさんと、彼の奥さんで、レニクラなどとの活躍でも知られるドラマーのチンディ・ブラックマン<Cindy Blackman>さんが企画しているジャズのスーパーグループ!<Supernova>です。
 このグループには、リードのウェイン・ショーター<Wayne Shorter>先生やハービー・ハンコック<Herbie Hancock>大先生、ギターのジョン・マクラフリン<John McLaughlin>大明神まで、超大物の先生方が揃い踏みの予定。まあ、このメンツなら特にサンタナさんはいらないような気もしますが・・(笑)、とにかく来春にはレコーディングを開始し、夏にはヨーロッパとアメリカでツアーを行う予定であると明言しています。ま、サンタンさんは、アメリカでこのような音楽が受け入れられるのかについては、まだ懐疑的だともコメントしていますが、日本では歓迎されるでしょう。確か、同じメンツで何度かライブはやってますよね。

 もう一つのプロジェクトは、現在のサンタナさんのレギュラーバンドとは別に、1971年から72年の黄金期のサンタナ・バンドを再現したメンバーで<Santana IV>と名付けられたプロジェクト。
 グレッグ・ローリー<Gregg Rolie>(Vo、Key)、マーカス・マローン<Marcus Malone>(ds)、マイケル・カラベロ<Mike Carabello>(パーカッション)、マイケル・シュリーヴ<Michael Shrieve>(ds)という4人のオリジナルメンバーと、71年に加わりのちにローリーさんと一緒に独立してジャーニーを結成する、ギタリストのニール・ショーン<Neal Schon>さんが参加しています。このバンドではすでにレコーディングも開始しており、来年のライブを目指しているとのこと。
 サンタナさんは「すっげえよ!グレッグがいいと思ったことはなかった、奴は演奏はできるけどね。今回は奴の歌を聞くべきだよ!奴の声は今までにないくらいだ。それにニールは周りでも最もスゲエギタリストだよ!」
 確かにちょっと期待したい顔ぶれではあります!

2004年のモントルーでも、スーパーグループのメンバーを含む豪華メンバーで共演してます。

コメントは受け付けていません。