デビッド・ボウイの遺灰はバリ島に撒かれる?

 デヴィッド・ボウイさんが亡くなって2週間、その衝撃の大きさを我々ロックファンは、改めて感じている最中ですが、どうやら本人の遺書の内容が明らかになったようです。
 すでに彼の遺体はニューヨーク近郊(ニュージャージー州)で火葬に付されていますが、以前に記された遺言では、インドネシアのバリ島で仏教方式で火葬にするか、さもなくば遺灰をバリ島に撒いて欲しいと希望していたことがわかりました。
 さらに100億ドルを超える遺産についても配分が明記されており、妻であるモデルのイマンに半額が、その残りはダンカンとアレキサンドリア・ザハラ・ジョーンズの2人の子供に与えられますが、個人秘書コーニー・シュワブに2億ドル、乳母に1億ドルを残すと記されていましたということです。
 120億かあ、やっぱり乳母をやるなら、お金持ちの家で!

コメントは受け付けていません。