巨匠・冨田勲 逝く

 まあ、わざわざここで述べるべきこともありませんが、さすがにこの人が本当の音楽家だなあと感心したのは、シンセサイザーによる「月の光」を聴いた時ではなくて、子供の頃のかすかな記憶にしかなかった、特撮ドラマやアニメの主題歌を聞き直してみて、その完成度の高さに驚いたときでしたねえ。
 円谷英二が、ジェリー・アンダーソンのAPフィルムズを訪れ、その後に製作した「マイティ・ジャック」。ドラマ自体は空飛ぶ戦艦のメカ部分と当時流行したスパイ物を合体させようとして大失敗しているのですが、富田巨匠が手がけた音楽の方はすばらしいできでした。イギリス人も当時聴いていたら、いとも簡単にバリー・グレイを見事にパクリ切ったその実力に驚いたことでしょう。しかもクラシック的な基本があるためでしょうか、「気品」という意味では本家のグレイを越えるほどです。
 ご冥福をお祈りいたします。

コメントは受け付けていません。