カンサス16年ぶりのニューアルバム!

カンサスさんが、新たに移籍したプログレ・レーベル<InsideOut Music>より16年ぶりとなるニューアルバムをリリースされます!
オリジナルメンバーのリチャード・ウィリアムさん(G)とフィル・エハートさん(Dr)、そしてスティーブ・モースさんが辞めて以来初めてフルタイムのセカンド・ギタリストとしてメンバーに加わった、ザック・リズヴィ<Zak Rizvi>くんによりプロデュースされた10曲のトラックを、「まさに、カンサスのアルバムだ!」とウィリアムさんは大満足のようであります。

今回は、オリジナルのキーボード兼ボーカリスト、スティーブ・ウォルシュさんが脱退し、新しいボーカルのロニー・プラットさんが加わる初めてのアルバムでもありますね。
ロニーさんは、「レコーディングは、驚異の体験だったよ。カンサス・ファンは激しいリスナーだと知っているし、このアルバムの多様性だけでなく、連続性を彼らに気に入ってもらえたら嬉しいよ!」と、やや控えめにコメントしております。

アルバムはCDと2枚組のLP、デジタルフォーマットで、9月23日発売予定。また9月からは、名作<Leftoverture>の発売40周年を記念した北米ツアーを行う予定だそうです!

Kansas-na

<The Prelude Implicit>

トラックリスト

1.) With This Heart
2.) Visibility Zero
3.) The Unsung Heroes
4.) Rhythm in the Spirit
5.) Refugee
6.) The Voyage of Eight Eighteen
7.) Camouflage
8.) Summer
9.) Crowded Isolation
10.) Section 60

[Personnel]
Phil Ehart- Drums, Percussion
Billy Greer- Bass, Vocals
David Manion- Keyboards
Ronnie Platt- Lead Vocals, Keyboards
David Ragsdale- Violin, Vocals
Rich Williams, Electric Guitar, Acoustic Guitar
Zak Rizvi, Electric Guitar

コメントは受け付けていません。