パリのバタクラン劇場が再オープン!

史上最悪のテロにより、89名の音楽ファンが無残にも殺害されたパリの劇場でコンサートホールのバタクランが、惨劇から1年後に再オープンします。
そのパフォーマーは、なんと最近久々のロックアルバム、リリースを発表したスティングさん。
ライブは11月12日に開催、ちょうどその翌日13日がテロの被害の1周忌に当たりますね。(ニューアルバムは11月11日発売)

バタクラン劇場

ちなみに、ライブの収益は、全額<Life For Paris>と「11月13日:真の兄弟愛」<13 Novembre:fraternité et vérité>という慈善団体に寄付される予定です。
スティングさんは、1979年にポリスとともに、バタクランのステージに立っています。
「我々には再オープンに際して、折り合いをつけなければならない2つの重要な使命があると思う。一つは、1年前の攻撃で命を落とした多くの犠牲者を忘れないで、敬意を表すこと。そしてもう一つは、この歴史的劇場が象徴している、生命と音楽への賛美だ。」とスティングさんは言います。
「そうしながら、我々は倒れた人々の思い出だけでなく、彼らの精神とその人生に」敬意を表わせればと思います。我々は決して彼らを忘れないのだと。」

テロの追悼をする人々

また、今週にはテロの際にステージで演奏していたアメリカのバンド、イーグルス・オブ・デスメタルさんのドキュメンタリーフィルムが制作れることも発表されました。
バタクラン劇場の襲撃がテーマで、事件当日の出来事と、その後彼らが事件から復活して続けた欧州ツアーの様子も伝えられるらしいですね。
監督は、EODMのマブダチだという、トム・ハンクスさんの息子で、俳優兼映画監督のコリン・ハンクス。HBOで2017年2月に放映の予定です。

eagles

<2016.11.20 追記>

ステージは無事終わったようで、当日の映像が公開されています。下からご覧ください。

コメントは受け付けていません。