50年前のジェネシス、失われた録音が復活!

なんと、50年前の幻の録音テープが復活です!
ジェネシスさんの録音したレコードとしては、学校の先輩であったミュージシャンでプロデューサーのジョナサン・キングさんが製作した「創世記」<From Genesis to Revelation>が知られていますが、それ以前に録音されたデモ・音源が存在したのでした!
どうやら、音源は1968年から69年にかけて、「創世記」の前段階としてでもレコーディングされていたもののようですが、録音したリージェント・サウンド・スタジオ自体が売却されたために、保存されていたテープも廃棄されたと思われていたようです。
テープは古い倉庫で最近発見され、たまたま発見者がキングさんに送ったたために、日の目をみることになりました。めでたしめでたし!
これはたぶん、超初期メンバー、ギタリストはアンソニー・フィリップス先生で、ドラマーもジョン・シルバーさんでしょうか(ひょっとしてオリジナル・ドラマーのクリス・スチュアートさんの録音もあるのでしょうか??)
とにかく、キングさんんはスティーブ・レヴィンさんの協力でリミックス、<Genesis: 50 Years Ago>というタイトルで、デジタルリリースされることとなりました。

キングさんはおっしゃっております。
「たまたま、私と連絡がつく友人でそこに雇われていた人物からの電話をもらうまで、誰もそんなものの存在は知らなかったんだ。膨大なテイクとテープを聴くのは、この上ない喜びだったよ!ともかくピーター・ガブリエルの声の素晴らしいことといったら、信じられないほどさ。それが、私が彼らと契約した第一の理由だったんだけどね。そして、楽曲も実に素晴らしいんだ。これはとんでもないアルバムだよ!」

Spotifyのサービスでも聴けますが・・

アマゾンからもダウンロードで購入が可能です!

Genesis: 50 Years Ago
トラックリスト

  1. In Hiding (Vocals)
  2. One Day (New Stereo Mix)
  3. A Winter’s Tale (multiple mono takes with studio chatter)
  4. A Place to Call My Own (Vocals)
  5. The Silent Sun (mono mix)
  6. In Hiding (New Stereo Mix)
  7. On the Trail Of The One Eyed Hound (New Stereo Mix)
  8. Where The Sour Turns to Sweet (mono mix)
  9. A Place To Call My Own (New Mix)
  10. One Day (mono mix)
  11. In Limbo (mono mix)
  12. Am I Very Wrong? (mono mix)
  13. The Serpent (mono mix)
  14. The Serpent (Vocals) (3:57)
  15. The Silent Sun (Alternate New Mix – mono w/o strings)
  16. The Conqueror (mono mix)
  17. Image Blown Out (alternate demo version)
  18. That’s Me (mono mix)
  19. In The Wilderness (mono mix)
  20. The Window (mono mix)
  21. In the Beginning (New Mix)
  22. Fireside Song (New Mix)
  23. Where the Sour Turns to Sweet (New Mix – w/o strings)

コメントは受け付けていません。