10CCの歴史を振り返る4枚組ボックセット

10CCというバンドのすごいところは、ソングライターとして十分才能のある4人が集まって、それまでに存在しない音楽を目指して実験的なアプローチを行ったことでしょう。
そもそも十分コマーシャルな音楽をで、ある意味コマーシャルじゃない、ひねくれた出来上がりにしてるんだから困ります。
彼らの歴史を詰め込んだ4枚組のボックスセットこの夏に発売されるそうです!
<Before, During, After: The Story Of 10cc>というタイトルが示す通り、このセットが特徴的なのは、彼らのバンドとしてのベストはCD1枚分だけで、2枚目は、ゴドレイ&クレームやWAX、グレアム・グールドマンが加わった、トレヴァー・ホーンさんのプロジェクト、Producersなどなど、10CC以降のメンバーの活躍を収録。3枚目と4枚目は、それぞれがソングライターや、サポートとして関わった60年代から70年代初頭のアーチストのシングルヒットや、10CCを名乗る以前の、ホットレッグスや、ニールセダカのアルバムのバックバンドとしての活動などを含めた、10CC前史の部分。これがなかなか入手困難なアイテムばかりで、非常に興味深いです!
発売はこの夏頃とのこと。
4人のメンバーは、それぞれ・・

グレム・グールドマン
「何も言うことはないよ!僕は、これをすごく誇りに思ってる」
ケヴィン・ゴドレイ
「ま、これは、無垢で、音楽を面白くしてやろうという野望に目を開いていた4人の若者の普通のグループが、お互いを発見し、化学反応を起こし、それをどう展開して行くかについて学んでいったというストーリーさ」
ロル・クレーム
「僕らは、それがなんだかわからずにスタイルを確立したんだ。冗談半分で、ウィットに富み、半分は模倣というスタイルをね。これらのトラックは実に簡単に出来上がったものだよ」
エリック・スチュアート
「10CCは、明らかにビートルズのマントを引きずり続けた。それは私の意図だったし、それぞれの曲ももっと違う方向にしたかったんだ。個人的な友人でもあったポール・マッカートニーは、10CCの音楽を気に入ってくれて、<Sheet Music>を聴いたあとで、素敵なカードを送ってくれたけどね」

それぞれニュアンスが違うところが、またおかしいです。

<Before, During, After: The Story Of 10cc>
トラックリスト

Disc 1
During: The Best of 10cc 1972 – 1978

  1. Rubber Bullets
  2. Donna
  3. Silly Love
  4. The Dean And I
  5. Life Is a Minestrone
  6. The Wall Street Shuffle
  7. Art for Art’s Sake
  8. I’m Mandy Fly Me
  9. Good Morning Judge
  10. The Things We Do for Love
  11. Dreadlock Holiday
  12. I’m Not in Love

Disc 2
After: What We Did Next – Post 10cc

  1. Godley and Creme – Under Your Thumb
  2. Godley and Creme – An Englishman In New York
  3. Godley and Creme – Cry
  4. Godley and Creme – Wedding Bells
  5. Graham Gouldman – Sunburn
  6. Wax – Bridge to Your Heart
  7. Wax – Right Between the Eyes
  8. Eric Stewart – The Ritual Parts 1-2-3
  9. Paul McCartney – Pretty Little Head
  10. Art of Noise – Metaforce
  11. Art of Noise – Metaphor on The Floor
  12. GG06 – Hooligan Crane
  13. GG06 – Son of Man
  14. Kevin Godley – Confessions
  15. Kevin Godley / Luke Mornay – Expecting A Message
  16. Producers – Man on The Moon
  17. Producers – Every Single Night in Jamaica

Disc 3
Before: The Strawberry Hit Factory

  1. Ohio Express – Sausalito (Is the Place To Go)
  2. Peter Cowap – Tampa, Florida
  3. Garden Odyssey – Have You Ever Been to Georgia?
  4. Tristar Airbus – Travellin’ Man
  5. Peter Cowap – Crickets
  6. Festival – Today
  7. Doctor Father – Umbopo
  8. Peter Cowap – Safari
  9. Grumble – Da Doo Ron Ron
  10. Garden Odyssey – The Joker
  11. Manchester City F.C.- Funky City
  12. Peter Cowap – The Man with The Golden Gun
  13. Doctor Father – Roll On
  14. Peter Cowap – Wicked Melinda
  15. Tristar Airbus – Willie Morgan
  16. Grumble – Pig Bin An’ Gone
  17. Festival – Warm Me
  18. Peter Cowap – Oh Solomon
  19. Manchester City F.C.- Boys in Blue
  20. Crazy Elephant – There Ain’t No Umbopo

Disc 4
Before: The Early Years

  1. The Mindbenders – A Groovy Kind of Love
  2. The Mindbenders – One More Time
  3. Graham Gouldman – Bus Stop
  4. Graham Gouldman – No Milk Today
  5. Graham Gouldman – For Your Love
  6. Hotlegs – Neanderthal Man
  7. Hotlegs – Desperate Dan
  8. Rameses – Life Child
  9. Rameses – Quasar One
  10. Neil Sedaka – That’s When the Music Takes Me
  11. Neil Sedaka – Solitaire
  12. Neil Sedaka – Love Will Keep Us Together

コメントは受け付けていません。