P.F.M.がビルボード東京/大阪でライブ!

 イタリアン・プログレの巨頭、P.F.M.<Premiata Forneria Marconi>さんは、もちろんクラブチッタなどが招聘したことがありますが、ここまで小さな会場でもライブは珍しいですね。公演は、2018年の1月9日(火)、10日(水)に東京、11日(木)に大阪のビルボードで行われます。いずれも2回ステージのようですね。
公演の詳細は、ビルボードの公式ページで>>
大阪はこちら>>

 2015年にまさにバンドの顔であるフランコ・ムッシーダさんを失ってしまったP.M.F.ですが、今もオリジナル・ドラマーでヴォーカルも務めるのフランツ・ディ・チョッチョさんと、マンティコアでの「幻の映像」リリース時からのベーシスト、パトリック・ジヴァスのお二人は頑張っているようです。1979年からのメンバーの一人、ルチオ・ファブリ(ヴァイオリン)さんは来られないようですが、代わりにメキシコのツアーなどで代役を務めていた、タンゴグループのメンバーでもあるヴァイオリニスト、アレッサンドロ・ボネッティさんがやってきますね。

コメントは受け付けていません。