ジョン・ハイズマンが率いる新スリーピースバンド!

 ジャズ/ブルース/ロックドラムの大明神であられます、ジョン・ハイズマンさんが、コロシアムでの長年の相棒、クレム・クレムソンさんとマーク・クラークさんを誘って、新バンドを結成、アルバムとツアーをなさると発表されました!
その名も<JCM>Jon Hiseman/Clem Clempson/Mark Clarke と、まあシンプルです!
 ハイズマンさんが、ブログで語ったところによれば、彼の背中を押したのは、今年の前半に1ヶ月のうちに相次いで亡くなったラリー・コリエルさんとアラン・ホールズワースさんらしいです。
「私を信頼してくれた人たちは、あらかた死んでしまって、それで突然気づいたんだ!彼らは、私に自分の音楽を続けるようにと、励ましてくれているんだな・・と」
 徐々に、「アルバムを作らなければ」心の中を占めるようになったというハイズマンさん。選ばれた歌やインストは、全て彼らを思い出させるものだとか。
 コラシアムの長年のバンドメイトで、ギタリストのクレムソンさんにこのアイディアを伝えた時「特に彼は、私が彼のギターと、マーク・クラークのベース、歌だけの昔ながらのギター・トリオを構想しているのがわかると、すごく乗り気になったんだ!我々はともに、コージー・パウエルとも親しかったし、もちろんクレムソンはスティーブ・マリオットやグレッグ・リドリーとハンブルパイで成功しているからね」
 もともとハイズマンさんは、ごくごく身内の個人的なプロジェクトとして考えていたようですが、<Heroes>と名付けたアルバムについてディスカッションしているうちに、クレムソンさんがドイツのコロシアムのプロモーターにこのことを話したら、「なんだかすごい勢いでどんどん話が膨らんじゃって、レコーディングやらツアーやらやる羽目になっちゃんたんだよ〜!」ということらしいです。
 コロシアムは、ヘクトール・スミスさんが亡くなったあと、ハイズマンさんの妻、バーバラ・トムプソンさんが引き継いだのですが、バーバラさんもパーキンソン病が進行中なのでライブは難しい状態。
 テンペスト以来のハイズマン・ドラム炸裂は頼もしい限りですなあ。
 来年4月には、イギリス、オーストリア、ドイツでのライブスケジュールも決まっているので、そのうち日本にも来てほしいものです!

コメントは受け付けていません。