ニック・メイスンさんの新バンドが始動!?

 説明するまでもなく、ピンクフロイド唯一のオリジナルメンバーで、ドラマーのニック・メイスンさんが、なんと初期プロイド作品をカヴァーするプロジェクト<Nick Mason’s Saucerful Of Secrets>を始動!そのメンバーとライブのスケジュールが発表されました。

 メンツは、メイスンさんのほかに、元スパンダーバレーのギタリスト&シンガー、ゲーリー・ケンプさん、ピンクフロイドのサポート・ベーシスト、ガイ・プラットさん、元ブロックベッズのギタリスト、リー・ハリスさんとエフェクト担当でしょうか?ゲームミュージックやサウンドトラックのミュージッククリエーターとしても知られる、ドム・ベケンさんとなっています。
 演目は、<The Piper At The Gates Of Dawn>(夜明けの口笛吹き)と<A Saucerful Of Secrets>(神秘)からの曲が選ばれるようで、メイスンさんが演奏されるのは、2005年のライブ8以来初めてとなります。

 5月20日にカムデンの<Dingwalls>でプレスショウを披露したのち、21日と23日、24日の3日のみ、南西ロンドン、パトニーの<The Half Moon>で行います。若きストーンズやフー、ヤードバーズなども演奏していた由緒あるミュージック・パブであるハーフ・ムーンですが、コージーな会場なので、チケットは超プレミアムになるでしょうね!

コメントは受け付けていません。