自宅療養中のキース・ティペットさんへの援助よびかけ!

 英国のジャズ・ピアニスト、キース・ティベットさんといえば、プログレファンにはもうおなじみです。エルトン・ディーンさんがいた自身のキース・ティペット・グループをはじめ、キングクリムゾンのアルバム(「リザード」、「ポセイドンのめざめ」、「アイランズ」)への参加や、ソフトマシーンとのコラボなどでもご存知の方が多いでしょうね。
 奥さんは、あのジュディ・ドリスコール(現・ジュディ・ティペット)さんです。
 で、71歳になるティベットさんが、先ごろ心臓発作から肺炎の合併症を起こし、入院されてました。一応現在回復しつつあり、自宅で療養を続けていますが、当分の病気の再発が心配されるために働けない状態なのだとか。
 ということで、金銭的に彼を支援しようとミュージシャンで友人であるヘイゼル/ハリー・ミラー夫妻が運営するOgunレコードが寄付の発起人となり、フリップ先生のキングクリムゾンサイト、DGM LIVEが特設ページで寄付を呼びかけています。

<特設ページ>
https://www.dgmlive.com/news/Help%20Keith%20Tippett

 寄付の方法は2つで、一つはAgunレコードのアドレス<ogunrecords@googlemail.com>宛にPayPal経由でそのまま寄付する方法。
 もう一つは、その代金が100%ティペットへの援助になるように、制作費等を100%ミラー夫妻の方で負担したCD/ダウンロードの作品を購入する方法だそうです。
 詳しくは上の特別サイトでご確認ください。
 英国フリージャズ・ファンは是非!

コメントは受け付けていません。