エニドにロバート・ジョン・ゴドフリー翁が復帰宣言!

 アルツハイマー病との診断を受けて、2016年に第一線を退くと発表したロバート・ジョン・ゴドフリーさんですが、このほどご自分のバンド、エニド<The Enid>のフロントマンへ復帰なさることを発表されました。
 もう最後のステージDVDも発売されたのに・・・!
 まあ、何れにせよエニドというのはゴドフリー翁そのもののようなバンドですので、他の人に任せるということ自体無理があるようにも思えます。

 ゴドフリーさんはおっしゃっております。
「(フロントとして若いボーカルの)ジョー・ペインがいた時期から、バンドは非常に不安定になってしまったのです。これは、私自身が最近下した壊滅的な判断を正す良い機会だと考えました。エニドは非常にユニークな組織であり、決して私が作ったのだというつもりはありせんが、ともかくも私には、それに対して責任があります。あの難しい時期に立ち去ったのは、卑怯でしたし、今はそのつけを払わなければなりません」
 バンドは、今回メンバーチェンジも発表し、話し合いの末キーボードとボーカルを担当していたザック・ブロック<Zach Bullock>はバンドを離れ、ジェーゾン・ダッカー<Jason Ducker>さんとゴドフリーさんを中心に、以前のメンバーであるマックス・リード<Max Read>(G.Vo.)さんや、ダンカン・マクラフラン<Duncan McLaughlan>(G. Key.)さんも参加するとか。
 ともかくもエニド来春までにスタジオアルバムを完成させる予定で、そのあとは世界ツアーも企画されています。
 
 ご苦労さんなことではありますが、頑張ってください!

コメントは受け付けていません。