リチャード・バルビエリ+スティーブ・ホガース

 元ジャパンにして、ポーキュパイン・トゥリーのキーボーディスト、リチャード・バルビエリと、元ヨーロピアンズでフィッシュの後釜としてマリリオンのボーカルをつとめているスティーブ・ホガースという異色のユニットがスタートした。


 
 ポーキュパイン・トゥリーとマリリオンのスケジュールの合間をぬって製作されたファースト・アルバム「Not The Weapon But The Hand」には、2人のほか、ウッドベースにダニー・トンプソン、ドラムにはジョン・マーティンやジェリー・ラファティーのバックとして知られるアラン・アフマンと元ポーキュパイン・トゥリーのクリス・メイトランド、XTCのギタリスト、デイブ・グレゴリーらが参加している。
 アルバムは、2012年の2月27日にKscoeレーベルからリリースされる(ヨーロッパ)。マリリオンのRacket Recordsのショップからは予約が可能で、初回リリース1000枚には2人のサインが入ってくるらしい。
 こちらのプロモーションページで一部が試聴できる。

 一方、ポーキュパイン・トゥリーのフロントマン、スティーブ・ウィルソンの方は、2012年の4月末から5月にかけて。デンマークやオランダ、ドイツ、イタリア、英国を回るソロツアーを行う予定。詳しいツアー日程は、自身のフェース・ブックで公開される予定。

コメントは受け付けていません。