ピーター・バンクスさんHarmony In Diversityのレコーディングがリリース!

 2013年に亡くなった、ピーター・バンクスさんは、言わずと知れたイエスのオリジナルギタリストであり、70年代初頭にはエッチなジャケットが印象的なハードプログレバンドの草分、フラッシュでも活躍された方です。
 まあ晩年はあまり活躍の場に恵まれなかった人で、2004年に自分のプロジェクトとして<Harmony In Diversity>を立ち上げましたが、亡くなるまでメジャーレコード会社からリリースされることはありませんでした。
 今回は初めてその、そのレコーディングが6枚組CDボックスセットとして、チェリーレッドさんより正式リリースされるというめでたいお話です。90年代のソロアルバムのマテリアルの方は、3月にピーター・バンクス音楽財団の方からリリースされていますね。
 全タイトル共2018年のリマスターで、ミックスには<Harmony In Diversity>として一緒に活動してきた、アンドリュー・ブッカー<Andrew Booker>(ティム・ボウネス+スティーブン・ウィルソンのプロジェクト、<NO-Man>への参加でも知られているドラマー)さん、ニック・コタム<Nick Cottam>(B)さん、最後のディスクに参加したデイブ・スペイト<Dave “Jick” Speight>(Dr.)さんらも参加したらしいです。
 発売は、今年(20187)9月7日。プレオーダーはこちらから可能です>>

<Peter Banks’s Harmony In Diversity The Complete Recordings>

トラックリストはこちら
DISC ONE:
STRUGGLES DISCONTINUED
1. THE NUMBER OF THE BEAT
2. SWING IT
3. ON THE SIXTH ATTEMPT THEY TROD ON IT
4. INVERSIBLE FLAW
5. LAST RUN FOR THE EMPIRE
6. HARMOGENY A
7. DREGS ADDICTION
8. HARMOGENY B
9. EVERYTHING ENDS IN NOTHING

DISC TWO:
WHAT IS THIS?
1. LOTS AND LOTS OF DISJOINT DOTS
2. PLENTY TO HEAR IN ORBIT
3. EACH TO THEIR OWN DEVICES
4. PROCYON B

DISC THREE:
TRYING
1. NO HARM
2. AFTER YOU
3. MIND THE DOORS
4. SWAYED BY NOTHING
5. THE KLINCHER
6. SODS AT ODDS

DISC FOUR:
TRY AGAIN
1. PRELUSION
2. SOME THINGS ARE BEST LEFT UPSIDE DOWN
3. EVERYTHING IS GREEN
4. CRACKING
5. ALMIGHTY DOG
6. TRY AGAIN
7. OVER

DISC FIVE:
HITTING THE FANS (LIVE)
1. TROPICAL MOON
2. OUT OF THE GARAGE
3. FORECASTING AN INDIAN SUMMER
4. PROCYON A
5. INDUSTRIAL POWDER WASHING
6. THE CONSEQUENCE OF GOING NUTS
7. DYSTOPIAN WORKSHOP
8. GALLOPSIDING
9. NOT OVER YET

DISC SIX:
SPONTANEOUS CREATION
1. BUDANOPEST
2. ONE NIGHT IN BUDAPEST
3. WIZZ BANG CRASH
4. SITTING ON THE BUFFALO
5. BRUNO
6. FLOATING WORLD
7. NOW NOW
8. DO IT NOW
9. WHERE’S JAMIE?
10. BOING
11. LOOKING FORWARD

コメントは受け付けていません。