エディ・ジョブソンさんのコンピレーション70年代編!

 エディ・ジョブソンさんの全キャリアを10年ごとに総括したコンピレーションシリーズが出るようですが、まず最初は70年代のバンド時代のキャリアをまとめたモノがリリースらしいです。Eddie Jobson <1971-1979 The Band Year>というタイトルで10月26日、Globe Music Mediaから2枚組で発売。ふつーにアマゾンでもどこでも買えますね。
 70年代といえば、まだ18歳で参加したカーブド・エアに始まり、ロキシー・ミュージックやフランク・ザッパなどに関わり、最後はUKへの参加でスターとなるという道筋なので、その辺の音源が目白押し!サイモン・フィリップスさんがドラムに参加した初期のソロアルバム・マテリアルなど珍しいモノもの。多分2人とも十代でしょうね、この時期だと・・。
 確かに、この時代は売れると思いますがね。このあと、80年代、90年代、2000年代とずっと出すのでしょうか??

<1971-1979 The Band Years>

トラックリスト
Disc: 1
1. Spanish Dream (Live Synthesizer Solo from 1971 – Age 16)
2. Metamorphosis (Curved Air Album “Air Cut’)
3. Armin (Curved Air Album “Air Cut’)
4. On a Still Night (Eddie Jobson – Early Solo Recording) (Simon Phillips on Drums)
5. Yesterday Boulevard (Eddie Jobson – Early Solo Recording)
6. As the World Turns (Bryan Ferry – Non-Album Track) (Robert Fripp on Guitar)
7. She Sells (Roxy Music Album “Siren”)
8. A Song for Europe (Roxy Music Album “Stranded”)
9. Out of the Blue (Roxy Music Album “Country Life”)
10. Läther (Frank Zappa – Live Recording)
11. In the Dead of Night (UK Album “U.K.”)
12. By the Light of Day (UK Album “U.K.”)
13. Presto Vivace & Reprise (UK Album “U.K.”)

Disc: 2
1. Alaska (UK Album “U.K.”)
2. Time to Kill (UK Album “U.K.”)
3. Nevermore (UK Album “U.K.”)
4. Danger Money (UK Album “Danger Money”)
5. The Only Thing She Needs (UK Album “Danger Money”)
6. Rendezvous 6:02 (UK Album “Danger Money”)
7. Caesar’s Palace Blues (UK Album “Danger Money”)
8. Carrying No Cross (UK Album “Danger Money”)

コメントは受け付けていません。