ネクターが驚きの活動再開&ニューアルバム!

 英国人メンバーながらドイツでデビューした70年代のプログレッシブ・バンド、ネクター。2000年以降再結成して活動を続けてきましたが、2016年にバンド創立者で、中心人物であったロイ・アルブライトンさんが突然死去したために、その後の活動は休止となっていました。おそらくこのまま消えてしまうのだろうと思われていましたが、なんと新メンバーで驚きの復活宣言!ニューアルバムが発売されるとの発表がありました!
 新しいラインナップは、2007年からロイ・アルブルトンさんに協力してきたドイツ人キーボーディストのクラウス・ヘイナッシュ<Klaus Henatsch>さんがそのバトンを受け継ぐ形で中心となり、ギターにアレックス・ホフマイスター<Alex Hoffmeister>さん、ドラムにはロイさんの息子さんチェ・アルブライトン<Che Albrighton>さん、ベースはトム・フライ<Tom Fry>さんというメンツ。
 ニューアルバムとなる<Megalomania>が、ドイツのレーベル<Sireena Records>から12月7日にリリースとなります。

 その後、ドイツ国内とイギリスツアーが予定されているようですが、イギリスについては会場がまだ未定らしいです。
 新しいアルバムについても「つねに現代的で時代に対する批判的精神を保つという、ネクターの広範で偉大な歴史の意識が健在なため、新曲もこの流れにのって作られた」と語るように、バンドの路線が踏襲されるようなので、ファンにとっては驚きの朗報ではないでしょうか?
 頑張ってほしいものです。

コメントは受け付けていません。