チェリスト、ヒュー・マクダウェルさんの訃報

 ウェットン&ダウンズのアイコン<Icon>などに参加したことでも知られる、ELO黄金期のメンバーで、チェロ奏者ヒュー・マクダウェル<Hugh McDowell>さんが、11月6日亡くなったことがわかりました。65歳でした。
 死因は発表されていませんが、長い間闘病されていたようです。
 マクダウェルさんといえば、72年からELOに加わり、一時ロイ・ウッドさんとともにウィザードを結成しますが、73年に復帰。
 ヴァイオリンのミク・カミンスキー<Mik Kaminski>さんらとともにELOの黄金期を支えました。ファーストのほか「エルドラド」「フェイス・ザ・ミュージック」「オーロラの救世主」「アウト・オブ・ザ・ブルー」という重要作品にはほぼ参加していますね。
 あと、この人の凄いのは、プログラミングを習得して、1992年には自らのフリープログラム<Fractal Music Composer>を公開したということです。ま、残念ながらこのプログラムは、アタリとファルコンで動作するというマニアックなものなので、現代日本ではなかなか試してみるのは難しいですが・・・。
http://www.atari-music.fddvoron.name/fmc.htm

 ご冥福をお祈りいたします。

コメントは受け付けていません。