バンコが25年ぶりとなるニューアルバムを発表!

【追記】
2019.03.15 収録曲<I ruderi del gulag>のPVが公開されました。

 そうです。バンコさんです!正確に言えば、バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ。言うまでもなくイタリアン・プログレの巨星ですね。
 バンドの看板とも言える、フランチェスコ・ディ・ジャコモさんも今はなくなり、オリジナルメンバーは、まさに中心人物でもあるヴィットリオ・ノチェンツィさんだけですが、若いメンバーを加えて頑張っています。
 とはいえ、ライブを中とした懐かしの営業バンドという側面は否めないのかなと思っていましたが・・・、なんと今度新たにメジャーなインサイド・アウト/SONYと新規に契約して、ワールドワイドにニュースタジオ・アルバムをリリースされるという発表がありました!タイトルは<Transiberiana>(トランスシルバニア)で、(2019)4月26日のリリースらしいです!
 ヴィットリオさんはインタビューに、こうおっしゃってます。「こんなに長い時間かかったが、インサイド・アウトのバンコのニューアルバムの仕事をやり遂げてハッピーだ。最初から、本当にやる気が満ちていたので、満足感と喜びで満たされているよ。何しろ実に長い間、バンドはライブ演奏だけに専念してきたので、そろそろ新しい作品を作曲し、演奏し、プロデュースしてもいい頃だったんだ!」
 なるほど。
 バンドは今回、新しいラインナップになったようで、リードギターにフリッポ・マルチェジャーニ<Filippo Marcheggiani>、リズム・ギターにニコラ・ディ・ジア<Nicola Di Già>、ドラムにファビオ・モレスコ<Fabio Moresco>、ベースにマルコ・カポジ<Marco Capozi>、シンガーのトニー・ダレッシオ<Tony D’Alessio>というメンツだとか。知りませんが。(笑)
 そして、なにより大事なのは、ヴィットリオさんの二人の息子、ミケランジェロとマリオヴァレオの2人が、それぞれ作曲とマーケッティング戦略に協力してくれたことだそうです。いずこも、この世代になると老人問題ということですかね。
 ま、何れにせよ、ニューアルバアムが聴けるとはめでたい話ではあります。

Banco Del Mutuo Soccorso <Transiberiana>
1. Stelle sulla terra
2. L’imprevisto
3. La discesa dal treno
4. L’assalto dei lupi
5. Campi di Fragole
6. Lo sciamano
7. Eterna Transiberiana
8. I ruderi del gulag
9. Lasciando alle spalle
10. Il grande bianco
11. Oceano: Strade di sale

これらは以前の作品の映像

コメントは受け付けていません。