ラッシュのバックステージを捉えた映画が一晩限りのの世界上映!

 ラッシュさんの2015年の40周記念ツアーのステージと、いままで未公開だったバックステージ、サウンドチェックなどを含めた、新作ドキュメンタリー映画<Rush: Cinema Strangiato 2019>が1日限り、8月21日に全世界で劇場公開されることが決まりました。
 これは、トラファルガー・リリーシングとコンコード・ミュージック、アンセム・エンタテインメント社の協力によって実現したということで、トラファルガーの女性上級副社長<Kymberli Frueh>さんも、「これは、毎年恒例になるかもしれない行事の最初の1回!世界で一番人気があるロックバンドのファンを集合させるなんて、ゾクゾクします」とコメントなさってます。(ただし、この「世界」に日本は入っていないらしいですが)

 映画はさらにトム・モレノ、ビリー・コーガン、テイラー・ホーキンス、さらにプロデューサーのニック・ラスカリニクス、ヴァイオリニストのジョナサン・ディンクレイジら多数へのインタビューを収録しているほか、ゲティ・リーさんへの新しいインタビュー(自身の新作本< Big Beautiful Book Of Bass>についてもちょっとだけ触れている)が収録されているとか!

映画:公式ページ>>

【追記 2017.6.25 予告編が公開されました】

コメントは受け付けていません。