ボンゾ・ドック・ダダ・バンドの名前が他人に商標登録される!

 ボンゾ・ドック・バンド<Bonzo Dog Doo-Dah Band>といえば、故ヴィヴィアン・スタンシャルさんと、ロドニー・スレイターさんやヴァーノン・ダドリー・ボヘイ・ノーウェル、ニール・イネスさんらが参加した60年代の大有名アヴァンギャルド・バンド!
 ビートルズのマジカルミステリー・ツアーのなかでビートルズの前で演奏するヘンテコバンドとして有名ですが、本国ではポール・マッカートニーがプロデュースした「アーバン・スペースマン」というヒット曲もあります。
 ま、メンバーはそろそろいつ死んでもおかしくない年齢ではありますが、まさに英国音楽の歴史の1ページであります。
 その超有名なバンド名が、何者かによって勝手に商標登録されてしまい、本人たちがバンド名を使用できない事態が起こっているというニュースが入ってきました。
 全員死んだら、使い道があるとでも思ったのでしょうか?英国の法律では、誰でもわずか200ポンドで、オンラインからバンド名を法的に登録できるらしいのです。実際に起訴もされているそういで、さすがに老体といえバンドのメンバーは怒り心頭!何と言っても60年間も使ってきたバンド名を登録したアホがいるんだから当然でしょう。
 バンドメンバーは、<IPO Tribunal service>を通じて反訴するために、資金調達キャンペーンを始めました。寄付はこちらから>>>


(※もちろん商標登録されてしまって、名前がそのまま使えないのもありますが、ボンゾドックバンドのバンドが<banned>=「禁止された」というジョークになっているあたりは、さすがにボンゾであります!!)

「これは、この国で演奏してる全てのアーチストにとって、極めて重要な問題です。当然自分のものだと思っている「名前」を自分で保持するということだけでなく、英国の芸術的コミュニティに広範な被害と出費を強いる、現状、うまみのある搾取の的となっている不可解な法律を変えるためにも、この国の宝を守るためにご協力ください」とおっしゃってますね。たぶん。

コメントは受け付けていません。