ホークウィンドさんの通算32枚目のニューアルバム!

【追記:2019.10.25 全曲プレイリスト公開】


 ホークウィンドさんといえば、つい最近、あの初期ホークウィンドのステージでは、まさにアイコンとして、よく裸で踊っておられたダンサーで、パフォーミング・アーチストのステーシー・ブレイク<Stacia Blake>さんが、1975年以来45年ぶりにライブステージに登場しするというので話題になりました。

このセクシーな方です。(ただし大昔)

 ホークウィンドのステージではなくて、元ホークウィンドのニック・ターナーのバンドが出演する<Kozfest pysch festival>というフェスのステージのようです。
 いやはや、まさか脱がないでしょうが、どんなことになったやら〜!

こんな感じのようです!ちと怖い!

 ところでホークウィンドさんの方ですが、中心人物のデイブ・ブロックさん(G, Key., Vo.)が健在で、80年代からのドラム、リチャード・チャドウィックさんほか、若い二人(ナイル・ホーン(B, Key.) マグナス・マーティン(G, Vo.))で活動を続けていらっしゃいます。
 今回はなんと32作目にあるニューアルバム、<All Aboard The Skylark>を10月25日(2019)にチェリー・レッドさんより発売することが決まりました。

<All Aboard The Skylark>

1. Flesh Fondue
2. Nets Of Space
3. Last Man On Earth
4. We Are Nom Dead… Only Sleeping
5. All Aboard The Skylark
6. 65 Million Years Ago
7. In The Beginning
8. The Road To…
9. The Fantasy Of Faldum

 このアルバムはなぜかCD盤だと、もう一枚おまけのCDが付いてくるそうで、それが今までの代表曲をアコースティックでセルフ・カアヴァーした粋なアルバム<Acoustic Daze>です。
 なんかよく分からない戦略ですが、ファンにはお得ですね!

<Acoustic Daze>

1. Psy Power
2. Hymne To The Sun
3. The Watcher
4. Generator Door
5. Micro Man
6. Into The Night
7. Down Through The Night
8. Flying Doctor
9. Get You Act Together
10. Ascent Of Man
11. We Took The Wrong Step Years Ago

 ついでですが、ホークウィンドさんは11月からは英国国内ツアーをする予定で、年末にはバンドの50周年を記念した特別企画<50th Anniversary Hawkwfest>を企画中だとか。
 そのあとは世界ツアーに出てくれますかねえ!?

コメントは受け付けていません。