VINYLのこっそり来日シリーズ!?

<シルバーヘッド>

昔からどうも、VINYL JAPANという、レコード屋/レーベル/呼び屋さんはプロモーションという言葉を知らないか無視しているようで、こちらとしては「ええっ!」と思うような大物(といってもB級の大物か?)を、誰にも知られないままこっそり呼んで、知らないうちにライブも終わってるこというケースがしばしば発生します。ゾンビーズしかり!
そして、こんどはシルバーヘッド!が知らないうちに来日してたかもしれません。シルバーヘッド!?知らない?
 まあ、プログレじゃないですけど。グラムロック時代に出てきた伝説的美形バンド、但し音はごくごくストレートなブルースロック系。70年代初頭のデビュー当時、日本で人気があって(のちのチープトリック、クイーン、ボンジョビなどの先駆け的人気)来日したので驚異の37年ぶりの再来日です。しかもオリジナルメンバーが生きてるようで、再結成来日だそうです。うーん、すごい!

『英国音楽 / VINYL JAPAN presents SILVERHEAD』
日時:4月20日(金)・21日(土)open 18:00 / start 19:00
会場:下北沢GARDEN
チケット料金:¥6,800(税込)

 個人的には、このバンドのフロントマン、マイケル・デ・バレスがバンド解散後、元ドアーズのレイ・マンザレクと「ナイトシティ」というバンドをやるのですが、このバンドの音が当たり前すぎて、まったく話題にならなかったのが印象的でしたね。

<マンフレッズ>

 もう一つ来日予定が。ザ・マンフレッズ!(THE MANFREDS)もともとはマンフレッド・マンが結成した60年代のマージービートバンド、マンフレッド・マン。マンフレッドが72年にマンフレッド・マン・アースバンドとしてジャズ・プログレッシブの方向に行ってしまったのに対し、残りのメンバー全員が90年代になって再結成したバンド。マンフレッド・マン抜きのマンフレッド・マンというややこしいバンドですね。今でも、マージーな感じです。
 ただ、オリジナルのボーカリスト、ポール・ジョーンズやマクギネス・フリントのトム・マッギネス(ギター)も来日するでしょう!

今のところ
2012年6月1日(金) 新代田 FEVER
2012年6月2日(土) 下北沢 Garden
2012年6月3日(日) 新代田 FEVER
という予定らしいです。

両方とも、前売りは新宿のビニールのショップのみで扱っているので、詳細などはそちらでチェックして下さい。

コメントは受け付けていません。