クラナドさんがフェアウェル・ツアーとアンソロジー・アルバムを来年発表!

 クラナドさんが、活動50周年となる2020年に、そのキャリアを振り返るアンソロジー・アルバムを発表し、最後の「さよならツアー」を全英で行うことを発表なさいました。
 アイルランドのドネガル出身のクラナドといえば、日本ではリードヴォーカル、モエヤさんがエンヤのお姉さんで、エンヤ自身も一時在籍していたトラッド・グループとして知られていますが、アイリッシュ・トラッドの枠を超えて、ニューエイジやプログレへの境地を開いたバンドといえるでしょう。
 そろそろ引退ということでしょうか?
 <In A Lifetime Tour>と名付けられたツアーは、2020年3月4日にシェフィールド・シティホールで幕を開け、3月23日のブライトン、ドーム・センターホールで幕を閉じます。
 その後、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、日本、東南アジアでもツアーを予定しており、詳細日程も間もなく発表されるとか!
 日本公演が期待できますねー!

<Clannad In A Lifetime farewell UK 2020 Tour>
Mar 04: Sheffield City Hall
Mar 06: Glasgow Royal Concert Hall
Mar 07: Gateshead Sage
Mar 08: Liverpool Philharmonic Hall
Mar 10: Nottingham Royal Concert Hall
Mar 11: Birmingham Symphony Hall
Mar 13: Ipswich Regent Theatre
Mar 14: Manchester Bridgewater Hall
Mar 16: Bournemouth Pavilion Theatre
Mar 17: London Palladium
Mar 19: Oxford New Theatre
Mar 20: Bath The Forum
Mar 22: Cardiff St David’s Hall
Mar 23: Brighton Dome Concert Hall
 
 さらにクラナドさんの全キャリアを総括するアルバムが、これも2020年3月13日に発売予定です。

38トラック入りで2CD、さらに2CDデラックス版、2LP版、2LPデラックス版が発売予定で、デラックス版ではさらに100曲も追加されるとか。
 ストリーミングとダウンロードでも発売される予定です。
 トラックリストは、今後発表予定。

今年のドイツツアー・トレーラー

英国でメジャーになったきっかけの曲、「ハリーズゲームのテーマ」2003年リマスター版が配信されるそうです。

コメントは受け付けていません。