ジェントル・ジャイアントさんの全歴史を回顧する30枚組ボックスセット

 いやあ、完全なボックスセットの登場です!
 タイトルは<Unburied Treasure>(埋葬されていない宝)。ジェケットもお馴染みの、とぼけた巨人親父ですね。
 ジェントル・ジャイアントさんといえば、ロック史上最も技巧派のプログレとして、日本ではファンが多い方だと思います。
 数量限定で、彼らの全歴史を包括した30枚組ボックスセットだそうですよ。(2019)12月6日、Madfishさんからの発売です。

 彼らの全スタジオアルバムが11枚。さらに15枚のライブコンサートアルバム。そのうち7枚は、正式リリースされていないもので、さらに7枚は完全未発表のもの。
 さらに、このコンピレーションには、ボーナストラックと1970年にリリースされたデビューアルバム<Gentle Giant>のスティーブン・ウィルソン、リミックス版 96/24 Stereo LPCM ハイレゾミックスと96/24 5.1サラウンド、LPCM and DTS-HD 5.1 サラウンド&インストミックスのブルーレイも含まれる模様。
 残りの29枚は、ピート・レイノルズによるリマスター版。
 ボックセットは、2000セット限定で、136ページ大判ムック、96ページのツアーの歴史本、デレク・シャルマン、レイ・シャルマン、グレイ・グリーン、ケリー・ミネア、ジョン・ウェザーズのサイン入りフォトが含まれます!
 70年の彼らのデビューライブ、<Portsmouth Polytechnic>と、有名な<The Power And The Glory>のポスターのレプリカ。<Playing The Fool>の複製ブックレット、<Giant For A Day>のマスクやら、ジグソーの失われたピースのレプリカなどなどマニアックなアイテム満載。
 ボックスの中にランダムで、失われた黄金のピースが入っていて、それを手にした人には<The Power And The Glory>のスクリーン印刷ミラーがもらえるとか。うーん。

プレオーダーは、Madfishさんのオンラインストアーで可能です。


Gentle Giant <Unburied Treasure> 内容一覧

Gentle Giant (1970)
Gentle Giant (1970) – Steve Wilson remix
Acquiring The Taste (1971)
Three Friends (1972)
Octopus (1972)
In A Glass House (1973)
The Power And The Glory (1974)
Free Hand (1975)
Interview (1976)
The Missing Piece (1977)
Playing The Fool (1977)
Giant For A Day! (1978)
Civilian (1980)

Pinewood Rehearsal 1977 (outtakes)

Winchester 1971
Essen 1972
New Orleans 1972 (feat. three previously unreleased BBC recordings)
Hollywood Bowl 1972
Vicenza 1973
Torino 1973
Munster 1974
St Gallen 1974
Cleveland Agora 1975
Basel 1975
Dusseldorf 1976 Part 1
Dusseldorf & Brussels 1976 Part 2
Munich 1976
Paris 1976
Chester 1977
Roxy 1980

コメントは受け付けていません。