カーヴド・エアさんが11年ぶりの来日!エア・カットの再現ライブ!!

 2020年の2月に、ソーニャ・クリスティーナおばさん率いるカーヴド・エアさんが来日されることが決まりました!去年のカルメン・マキ&OZ復活くらいのテンションですなー!(笑)
 招聘はもちろん、川崎のClub Citta’さん。でなんとあの73年の異端アルバム<Air Cut>を完全再現だそうです。なるほどー。
 もともと、<Air Cut>はカーヴド・エアのアルバムでは邪険に扱われた鬼っ子でした。何しろ、このアルバアム直前、バンドを創立したメンバーである、フランシス・モンクマン先生とダリル・ウェイ先生、フロリアン・ピルキントン・ミクサさんが辞めてしまったので、後に残ったソーニャさんとベースのマイクさんが若造3人を加えて仕上げたアルバムだったからですね。実際、実に長いことこのアルバムだけCD化もされずにほっておかれたくらいです。
 でも、このアルバムは本来のカーヴド・エアの魅力である、現代音楽やクラシック的なの上品な要素が欠落しているものの、演奏がスリリングでロック的な魅力のあるアルバムでもあります。そしてなにより、一部のファンにとって重要なのは、このアルバムがエディ・ジョブソン選手が実質的にデビューした音源だということでしょうね。当時なんとジョブソンさんは18歳。ギターのカービーさんも19歳でした。
 モンクマンさんも引退して初期の再現も難しいし(ジョブソンさんも引退なんですが、)まあ元気なソーニャおばさんとしては、日本で人気があるならこのアルバムでも披露するかということでしょう。
 いいニュースもあります。実際にこのアルバムでギター担当した、カービー・グレゴリーさんがバンドに復活して来日されます。あと、もちろんものアルバムでも弾いていた、(その後キャラバンに加入したことでも有名)当時のベーシストのマイク・ウェッジウッドさんも、スペシャル・ゲストととして出演されるようです。全曲弾くのは無理ってことですかね?

CLUB CITTA’ PRESENTS

Curved Air

Air Cut Live 2020 〜It Happened Tonight〜
〜結成50周年記念 特別公演〜 50th Anniversary Japan Tour

【来日予定メンバー】
ソーニャ・クリスティーナ (lead vocals)
カービー・グレゴリー (guitar)
クリス・ハリス (bass)
ロバート・ノートン (keyboards)
アンディ・トゥイーン (drums)
グレッグ・ガジオムスキ (violin)
マイク・ウェッジウッド (special guest : bass on “Air Cut”)

2020年 2/8(土),9(日)

会場: CLUB CITTA’/川崎
OPEN 16:00 / START 17:00
【全席指定】前売 ¥12,000-(税込)
*入場の際ドリンク代¥600が別途必要となります。

■主催: クラブチッタ/bayfm78「POWER ROCK TODAY」
■招聘・企画制作: クラブチッタ

11月16日先行予約受付開始だそうです
詳しいことはこちら>>
https://clubcitta.co.jp/001/curvedair-2020/

コメントは受け付けていません。