ジュディ・ダイブルさんが肺がんであること認める!

 初代のフェアポート・コンベンションのボーカリストで、のちにトレーダー・ホーンで活躍して日本でも人気があったジュディさん。そしてなにより、プログレ・マニアには、キング・クリムゾンの原型であるジャイルズ・ジャイルズ&フリップの幻のメンバー(当時一緒に参加した、イアン・マクドナルドさんの彼女でした)として、「風に語りて」などのボーカルをとった初期録音があることでも有名です。
 最近は音楽活動に復帰して、2018年にはスタジオアルバムの<Earth Is Sleeping>もリリースされました。
 そのジュディ・ダイブルさんが肺がんであることを認められたようです。発表してしまってから、まだニューアルバムを協力者のデヴィッド・ロングド(Big Big Train)ンと作るつもりなのに、こんなことを言うつもりなかったのに!と後悔されているようではありますが・・。

 どうやら悪性の肺がんが広範に広がりを見せているということで、多くの人のように来週から化学療法を始めるとしています。
 そして、ついでに、「こういう時期に現実世界での知り合いでもないのに、メッセージを送ってくるのはやめてください!お返事をする脳の余裕がありません!」とおっしゃってます。(笑)あと、「確かに病気ではありますが、自分の状態についてはよく調べたし、経験豊富な医師と専門家に委ねているので、私にいろいろなアドヴァイスをするのもやめてね!」とも。
 確かによーくわかります。はい。

 では、遠くからなんとか回復されることをお祈りしましょう。

最近のアルバム

お若い頃

めずらしい!ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」をダイブルさんがボーカルのフェアポート・コンベンションがカヴァーした、未発表レコーディング。

コメントは受け付けていません。