ボンゾドッグ・バンドの最後の応援ライブ!

 このサイトでもお伝えした、英国の伝説的アヴァンギャルド・バンド、ボンゾドック・”ダダ”・バンド<The Bonzo Dog Doo-Dah Band>の呼称が、なんの権利も持たないマネージメント会社によって勝手に登録されていた問題について続報です。
 バンドは、このケースについて一応勝利した模様ですが(当たり前だ!)まだまだ、明白な令状を勝ち取る取るために法廷闘争が継続するようで、引き続きクラウドファウンディングで資金の援助を呼びかけています!

https://www.crowdjustice.com/case/the-bonzo-dog-banned-please-ma/

 さらに、ニール・イネスさん、ロジャー・ラスキン・スピアさん、”レッグス”・ラリー・スミスさん、ロドニー・スレーターさん、ヴァーノン・ダッドリー・ボヘイ・ノーウェルさんという、亡くなったヴィヴィアン・スタンシャルさんを除くほぼ初期のオリジナル・メンバーが勢ぞろいした素晴らしいラインナップで<’Still Barking’ as Bonzo Dog Banned for “one final grand HOORAH as a thank you to fans.”>(まだ吠える!ボンゾドック・バーンド。ファンのみんなにありがとうの、最後のホーラァ!)と題したライブを、2020年5月29日に、ロンドンO2のシェパーズブシュ・エンパイアーで行うことが発表されました。
 じじさんたちの最後のライブかも!楽しそうです!

コメントは受け付けていません。