Morse/Portnoy/Georgeのリラックスしたカヴァーアルバム

元スポック・ビアードのニール・モーズと元ドリームシアターのマイク・ポートノイ、それにAjalonのランディー・ジョージがベースで参加したユニット、Morse/Portnoy/Georgeがゆるーい感じのカヴァーアルバム第二弾を作りました。タイトルは「Cover 2 Cover」(発売はRadiant Records)。
トランスアトランティックや、ポートノイ+ニール・モーズに、スティーブ・モーズ、元ディキシードレッグスのデイブ・ラルーらを加えて先日デビューしたスーパーグループ、Flying Colorsとはだいぶちがって、こっちは単なるアメリカンなおっさんバンド風でなかなか良い雰囲気です。

収録曲もモンキーズやバッドフィンガー、ボウイまで取り上げた、前作”Cover To Cover”に続いて、なかなかのバカチョイス!
トッドの「アイ・ソーザ・ライト」、スティーリー・ダンの「リキの電話番号」、クリムゾンの「スターレス」、ニールヤングにいたっては、「シナモンガール」や「サザンマン」など3曲をメドレーで収録のようです!
以下収録リスト

Lido Shuffle (BOZ SCAGGS)
I Saw The Light (TODD RUNDGREN)
Rikki Don’t Lose That Number (STEELY DAN)
Teacher (JETHRO TULL)
Driven To Tears (THE POLICE)
Come Sail Away (STYX)
Southern Man / Needle And The Damage Done / Cinnamon Girl (NEIL YOUNG)
<2012 Momentum Sessions>

Crazy Horses (The Osmonds)
Lemons Never Forget (The Bee Gees)
The Letter (Joe Cocker version)
(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love & Understanding (Elvis Costello)
Starless (King Crimson)
<2008 Lifeline Sessions>

3人がオズモンズの「クレージー・ホース」をカヴァーしているプロモPV!映像にはでてきませんがギターにはMr.BIGのポール・ギルバートが参加している模様。

コメントは受け付けていません。