ロバート・ワイアット博士のアナログ盤カタログ再発と、詩やドローングを集めた出版物!


photo by Richard Bryant

 ロバート・ワイアット博士と、その妻でマネージャー、画家、ソングライターでもあるアルフィー・ベンジーさんの作品を収録した出版物、<Side by Side>がフェーバー社より9月17日に発売されることが決まりました。序文は、パルプのジャービス・コッカーさん。
「アルフィーとロバートが作り上げる、詩のヒューマニスト的世界観は、グローバルでかつ、とても独特です。これは誓って、並々ならぬ妙技なんだよ、ほんと!」と、ジャービスさん。ふむふむ。
 ライフワークを集めたというその本は、歌詞や詩、そのほかの文章とドローングなどが収録された出版物で、通常版は £14.99、サイン+ナンバー入りで4枚のアートワークプリントも同梱された200部限定版は£200で発売されているようです!
「野心的なミュージシャンから、ソングライティングについて相談された時には、僕はロバートとアルフィーの方向を示すことにしている。彼らの作品は、とても非日常的で、明敏で、茶目っ気があり、そしてとても大人の音楽だからね。もちろん、僕はだれも、彼らと並ぶようになれるとは思っていないけど・・。もし、心のこもった、そして心に響く、音楽が欲しければそれはここにある。この本の広範な流通は、音楽の領域の劇的な進歩をたらすでしょう」と、ブライアン・イーノ先生も素晴らしいご推薦文を書かれていますよー!

 この出版と同時に、ドミノ・ミュージックさんがロバート博士のソロ作品カタログをアナログ盤とし再発売することも決まっています。再発リストには、初アナログ化される、コンピレーション盤<His Greatest Misses>も含まれているようです。

本は、こちらからプレオーダーが可能>>

コメントは受け付けていません。