オシビサがロンドンでライブ!?

 驚いたのは、まずまだこのバンドがやっていることの方ですが!(笑)1969年にイギリスにいたガーナ、ナイジェリア、西インド諸島ら出身者で結成されたアフロ・プログレ・バンド!同じ時期の同系のバンドとしては、ドーンレコードの<Noir>や<Demon Fuzz>などもありますが、圧倒的に有名なのはこのバンドです!
 日本でもヒットした「狂熱のゴンゴン」<Music for Gong Gong>がリリースされたのはなんと1971年。今は、結成50周年を祝っている最中らしいですね。

 その彼らが、今週末土曜に2020.09.26)にロンドンのカムデンにある有名な<Jazz Cafe>でライブを行うようです。
 実は、オシビサさんたちは、ニュー・アルバム<The Boyhood Sessions>を、10月2日にレッド・スチール・ミュージックさんよりリリースする予定になっており、この楽曲もライブでは演奏するらしいですね。ちなみに、<The Boyhood Sessions>のトラックは、結果的に使われなかったようですが、当初リチャード・リンクレーターさんが監督してベルリン映画祭やゴールデングローブ賞、アカデミー賞(助演女優賞)などを多数獲得して絶賛された映画『6才のボクが、大人になるまで。』(原題: Boyhood) のために当初用意されていた音楽のようです。
 ライブは、昼(3pm)と夜(6:30pm)の2回。ソーシャルディスタンスを考慮して、2人から6人までのテーブルごとの販売ですが、1階のドリンクのみのフロアで20ポンド、食事のできる2階席で25ポンドしかしないとか!

 ま、客席はいいんですが・・掛け声が多い演奏なんで、若干心配ですねー。(笑)

Osibisa: The Boyhood Sessions
1. Sunshine Day (Boyhood Mix)
2. Feel Good (Boyhood Summer Mix)
3. Hold On (Hoodie Mix)
4. Woyaya (Acoustic Live)
5. Superfly Man (Live)
6. Sunshine Day (Live)
7. Abele (New Studio)
8. Nkosi Sikeleli Afrika (Alternate)
9. Djankoso (Studio)
10. Jumbo (Studio)
11. Akiyo Bia (Live)
12. Sunshine Day (Boyhood Summer Mix)

コメントは受け付けていません。