ホークウィンド関連プロジェクト、ホーケストレルの豪華なセカンドアルバム!

 プログレ界のグレトフル・デッドと呼ばれるホークウィンド周辺は、実多くのミュージシャンが関わるゆるーいファミリーとして知られていますが、そのサイド・プロジェクトの中でもホークロードと同様に、元メンバーでベーシストのアラン・デイビーが中心となったプロジェクト、ホーケストレル<Hawkestrel>はもっとも多くの元メンバーが参加しているらしいっすねー。
 そのホーケストレルさんが、セカンドアルバムを発表しました。タイトルは、<Pioneers Of Space>でクレオパトラ・レコードより10月16日に発売になります。
 今回は、元メンバーのほか、トッド・ラングレンさん、ミック・テイラーさん、デヴィッド・クロスさん、アーサー・ブラウンさん、そしてMC5のウェイン・クレイマーさん、カーマイン・アピスさんなど、ご高齢ながら実にそうそうたる顔ぶれがゲスト参加されてます。
 いやー、さすが。
 中でも話題なのは、この高齢チームが取り組んだアメリカの一番ブレイクしている若造(ラッパーでシンガー)の一人、ポスト・マローンくんのカヴァーでしょう!マローンくんの去年のウルトラ・ヒット<Circles>を、トッド・ラングレンさんと、インド出身のジャズ・ヴァイオリニスト、Lシャンカールさんが参加してめちゃくちゃチープに仕上げてます。
 しかも、なんと出来上がったのはインスト!最初はボーカル入りだったそうですが、そのヴァージョンは別にリリースするとか。
 マローンくのオリジナルPVは、中世の騎士の格好したマローンくんが、壮絶な戦いの後に壊滅した村で目を覚ます、騎士物語のパロディですが、ホーケストレルさんたちの方は、アーサー王伝説の円卓の騎士の子孫が、現代のタイでCGの魔女モルガナと戦うという、実に馬鹿げた2017の映画<King Arthur and the Knights of the Round Table>からの映像で、これまた爆笑の出来です!

また、このアルバムからの最初のシングル<Day of the Quake>は、ホークウィンドの専属詩人ロバート・カルバートが80年代初頭に書いた詩にアランさんが曲を付け直して、元ストーンズのミック・テイラーさんと、元ホークウィンドのニック・ターナーさんが参加しています。全てのデジタル・プラットホームで聴けるらしいです。

Hawkestrel <Pioneers Of Space>

1. Biometrics
2. Cosmic Divide
3. Day Of The Quake
4. Glass Wolves
5. Atmospheric Window
6. Circles
7. No Doubt
8. Journey
9. Pioneers Of Space


【追記:2020.10.16】全曲試可能に

コメントは受け付けていません。