やっぱりピンクフロイドは出ない!??

16才から路上で歌い出したとはいえ、21才でブリット・アワード2冠を達成、デビューアルバム「+」も100万枚を突破して全英ナンバーワンに輝いたエド・シーラン”Ed Sheeran”くん。今や最も将来を嘱望されているシンガーソングライターなんでしょうねえ。3月にはソロで7月にはフジロックで、日本にも来てます。
まあ、音楽は非常にストレートにフォークだったりするんですが(最近イギリスにはなぜかものすごく若いのにアコースティックなフォークってコたちがいますね)歌詞の方は、なかなかリアルで深みもあります。
でそのシーランくんが、箝口令が敷かれていていろいろ噂があるこのロンドンオリンピックの閉幕式で歌うらしいことは分かっているんですが・・。
憶測ではザ・フーと競演するのでは?と言われていました。ところが、先日オーストラリアのラジオのインタビューを受けた本人が、ピンクフロイドと競演して「あなたがここにいてほしい」を演奏すると発言したために、一気にピンクフロイド再結成の期待が!!うーん!
まあ、残念ながらピンクフロイド側のスポークスマンが、この話が広まったすぐ後に「ピンク・フロイドはロンドン2012年オリンピック閉幕式典にはバンドとして出演しないことを明らかにしています」と声明を出しているので、まあ、全員出ることはなさそうですね。
ロジャーかギルモアか片方と競演するってことですかね。

今時のリアルなジャンキー売春少女の日常を歌ったデビュー曲。公式VPは再生3000万回を越えるウルトラヒットですが、同じ曲を船の上でのんびり歌うアコースティックバージョンもなかなかおしゃれです。

どうでもいいですが、ネコがあまりにカワイイので負けた!オマケ。

<追記>
最終的には、ニック・メイスンと競演したんだとか。しかもなぜか、マイク・ラザフォードも一緒に?

コメントは受け付けていません。