CANのザ・ロスト・テープス、日本盤が発売!

ヴァイラースヴィストのスタジオで発見されたという未発表音源「Lost Tapes」が先日発売されたCANですが、なかなか面白い内容のようで、日本盤も8月15日に発売になりました。日本盤のみBlu-spec CDの高品質仕様でブックレット付き。687年から77年までの雑多な内容ではありますが、まさにマニア向けと言えるでしょう。

「Sing Swan Song」のレコーディングマテリアルをコラージュした「A Swan Is Born」がシングルカットされ、現在サウンドクラウド経由でダウンロードも可能です。

まあ、現在アルバム中の10曲のサンプルが聴けるようになっているので、検討中の方はぜひ参考に!
(古いブラウザーだと表示しない場合があります。)

これはオリジナルの “Sing Swan Song”


CAN『ザ・ロスト・テープス』
HSE-60114〜16 税込み5,800円/3CD)
【収録曲】
(disc 1)
01.Millionenspiel
02.Waiting for the Streetcar
03.Evening All Day
04.Deadly Doris
05.Graublau
06.When Darkness Comes
07.Blind Mirror Surf
08.Oscura Primavera
09.Buble Rap
(disc 2)
01.Your Friendly Neighbourhood Whore
02.Waiting for the Streetcar
03.The Agreement
04.Midnight Sky
05.Desert
06.Spoon (Live)
07.Dead Pigeon Suite
08.Abra Cada Braxas
09.A Swan is Born
10.The Loop
(disc 3)
01.Godzilla Fragment
02.On the Way to Mother Sky
03.Midnight Men
04.Networks of Foam
05.Messers, Scissors, Fork and Light
06.Barnacles
07.E.F.S 108
08.Private Nocturnal
09.Alice
10.Mushroom (Live)
11.One More Saturday Night (Live)

コメントは受け付けていません。