カン新ライブ音源シリーズ、ライブ・イン・シュトゥットガルト75発売!

 カンのライブ音源シリーズのリリースが発表されました!第1弾は、<Live in Stuttgart 1975>(ライブ・イン・シュトゥットガルト75)で、ミュート・レコードさんから5月28日の発売になります。(日本でもTrafficより)
 鈴木ダモ以降の、一番モダン・プログレっぽい時期ですね。
 これまでのベストのブートレグから選ばれた音源は、現存メンバーのイルミン・シュミット監修のもと、プロデューサー/エンジニアのレネ・タインナーさんによって21世紀の技術により可能な限り最善のヴァージョンでとどけられるとのこと。
 またCD2枚組のアルバムには16ページのブックレットには、作家アラン・ワーナーと収集家のアンディ・ホール、そしてマネージャーのサンドラ・ポドモア・シュミットによる解説がついています!
 オレンジ・ビニールによるアナログ盤3枚組(4ページブックレット)の特別版も発売されます。

こちらから予約が可能。
https://mutebank.co.uk/collections/can

 アルバムは、5パート構成になっているようですね。
 音源の一部が公開されています。
 

Can <Live In Stuttgart 1975>

1. Stuttgart 75 Eins
2. Stuttgart 75 Zwei
3. Stuttgart 75 Drei
4. Stuttgart 75 Vier
5. Stuttgart 75 Fünf

コメントは受け付けていません。