ルネッサンスの中心人物、マイケル・ダンフォードが急死!

 ルネッサンスの中心人物で、ソングライターでギターとアニーハズラムと共にヴォーカルも担当していたマイケル・ダンフォードさんが11月20日(火)に急死しました。原因は脳内出血。最近スタートした北米ツアーの第一弾が終了したタイミングで、英国サリー州の自宅へ戻って夕食を食べている最中だったと言います。
 緊急に運ばれた病院で、ついに意識が回復することなく11日家族に看取られ亡くなったらしいです。
 ルネッサンスと言えば、もともとは元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティーによって結成されたバンドと紹介されるのでややこしいですが、オリジナルメンバーでは全く成功せず、全メンバーが入れ替わった後、マイケル・ダンフォードとアニー・ハズラムが中心となって初めてメジャーになったバンドなので、ほとんど人が知っているルネッサンス・サウンドはダンフォードさんが主導した音楽ですね。
 この秋には、ルネッツサンスとして12年ぶりのスタジオアルバムもレコーディング。北米ツアーを成功させたばかりなので非常に残念です。
 ご冥福をお祈りしましょう。

コメントは受け付けていません。