Big Big Train のデヴィッド・ロングドンが事故で死亡!

【2021.12.03】

BBTさんが、クスティアン・リオスさんが制作された、亡くなったロングドンさんへの公式のトリビュート映像を公開されました。


2021.11.21

 なんというとでしょうか!
 先日もニューアルバムを発表して、元気そうだったBig Big Trainのフロントマンでヴォーカリストのデヴィッド・ロングドンさんが、(2021)11月19日(金)の朝早く事故にあい、日曜(21日)の午後に亡くなったと発表がありました。56歳の若さでした。

 「デイビッドと私は、親友であり、パートナーであり、ソウルメイトでしたので、彼を失ったことにとてもショックを受けています。彼は美しい人で、彼を知り、愛することができて本当に幸運だったと思います」と、彼のパートナーのサラ・ユーングさんはコメント。

 Big Big Trainのファウンダーのグレッグ・スパウトンさんも、「デビッドを失って、まったくもって呆然としています。昨日の早朝に起きた運命のいたずらによって、彼と彼の愛する人たちとの幸せな未来、そして来年以降に彼を待っていた個人的にも音楽的にもすべての機会を奪ってしまったことは、言葉にならないほど残酷なことです」とコメントしました。

 Big Big Trainは先日、 最新作である<Welcome To The Planet>の来年1月のリリースを発表したばかり。また、昨年なくなったジュディ・ダイブルとは、その死の直前、ダイブル・ロングドン名義でアルバムをリリースしました。

 「バンドとそのマネジメントは、この非常に困難な時期に、デビッドの家族と友人のためにプライバシーを確保することを求めます」とステートメントは、締めくくられています。
 事故の詳細、バンドの予定されているツアーの今後の対応等は、まだ発表されていません。

 ご冥福をお祈りします。

今年の6月に掲載されたインタビュー

コメントは受け付けていません。