フォーカス公演延期で、カヤックは最後のツアーを発表!


Kayak(左)、Focus(右)

 オランダの伝説のバンド、フォーカスさんは、フロントマンのタイス・フォン・レールさんが新型コロナに感染したために、<Faocus 50>ツアーの残り、英国と欧州での公演を延期すると発表されました。
 フォン・レールさんは別の問題で病院へ行ったが、コロナと診断されたそうです。
ともかく、けっこうご高齢なので心配されるところですね。
 今のところ来年4月以降に延期の予定らしいです。

 もう一つのオランダの伝説のバンド、カヤックさんは次の英国、欧州でのツアーが、バンドの最後のツアーになると発表されました。4月と5月にヨーロッパ、英国を回ります。

 バンドの創立者でキーボードのトン・スケルペンツェルさんは、「素晴らしい旅でしたが、私たちは終わりを迎えることにしました。他のメンバーは、続けたいと思っていたので、この決断はとても難しいものでした。ミュージシャンとしては、今でも演奏すること自体を楽しんでいます。しかし、良いツアーを作るためにはそれだけでは不十分で、私たちのようなバンドの状況は決して楽ではありません。そういう意味では、自分の能力の限界を感じています。それは悲しいことですが、早すぎる終焉の方が、だらだらと長すぎた終焉よりましでしょう・・」
 トンさんは、2019年に一度、心臓麻痺で倒れていらっしゃいます。

 1972年に結成されたカヤックは、1982年にバンドは解散しましたが、1999年に再結成し、それ以来ずっと活動を続けていますね。今年初めには、最後のスタジオアルバム<Out Of This World>をリリースしました。
 とくにトンさんの超絶キーボードで有名です。

 オランダには70年代から続く、プログレバンドがいろいろありましたが、多くの英国のバンドと同じように、よる年波には勝てないようですねー。

コメントは受け付けていません。