マグマが、コロナ期に録音したニューアルバム!

 今年(2022)の10月には久々の来日も決定しているクリスチャン・ヴァンデ大先生のマグマさんニューアルバム<KARTËHL>をリリースされます。
 9月30日、Seventh Recordsからの発売です。

 コロナで演奏ツアーができない1年半以上の期間があったために、これまでにない集団的なアルバムを作り上げた・・ということらしいっすね。
 正直ヴァンデ大先生の「個人独裁集団」としか見えないマグマさんですが、「マグマで唯一の作曲家になることを意図的に選択したことはなかった」と改めて、主張なさっています。(笑)結果的に、これまで作品を提案した人がいなかったということだそうで・・。
 今回のアルバムではエルベ・アクノン(Vo)、ティエリー・エリエス(Key)、シモン・グベール(Key)さんらもシングライターとして曲を提供しています。
 前作の<Zëss>のペシミスティックな未来像から、明るい未来を施行した作品になったのは、そのせいかもしれませんね。

 また本作には、2022年に録音した6曲に加え、ヴァンデさんの個人的コレクションから自宅録音されたデモが2曲ボーナストラックとして収録されています。<Hakëhn Deis>と<Dëhndë>は、いずれも1978年に録音されたものです。

 CD予約はこちらから>>

Magma <KARTËHL>

1. Hakëhn Deïs 7:12 (Christian Vander)
2. Do Rïn Ïlï üss 4:38 (Hervé Aknin)
3. Irena Balladina 5:11 (Christian Vander)
4. Walömëhndêm 7:36 (Thierry Eliez)
5. Wiï Mëlëhn Tü 8:54 (Simon Goubert)
6. Dëhndë 6:55 (Christian Vander) *
Bonus
Hakëhn Deïs 6:11 (Christian Vander)
Christian Vander : Piano, chant – René Garber : chant
Dëhndë 6:38 (Christian Vander)

コメントは受け付けていません。