ナイト・ウィッシュのニューアルバム情報とフロール・ヤンセンのソロ!

 フィニッシュ・プログメタルの雄、ナイト・ウィッシュさんにはここのところ、いろいろニュースがありました。まず、10月にボーカリストのフロール・ヤンセンさんが自身が乳ガンであることを公表。その後11月には、乳房温存方法で腫瘍を取り除き、経過も良好でのため、ヤンセンさん自身、SNSを通じて、「今は<Cancer-Free>(ガンから解放された)」と発表されました。
 しかーし、その後、(癌の再発を防ぐための)放射線治療のスケジュールが、どうしてもその時期に重なったためとして、来年(2023)1月25日〜28日で予定されていたナイト・ウィッシュさんの来日公演は中止となりました!
 「フロール・ヤンセンの体調回復のための最終段階の放射線治療の実施が、来年2月から1月に変更されることになりました。そのため、予定していた日程にアジアに行くことができなくなってしまいました。しかし、またすぐに皆さんにお会いできるように既に動いていますので、それまでお待ちいただければと思います。」というバンドからのメッセージも発表されましたよ。

 来日ライブは中止になってしまいましたが、ナイト・ウィッシュを率いているキーボードのツォーマス・ホロパイネンさんは、メタルハンマー誌のインタビューで、次回のアルバムが、2015年の<Endless Forms Most Beautiful>と、2020年の<Human.II: Nature>に続く3部作になること公表なさいました。
 「そこには大きな驚きがある」とだけ言っていますが、それがなんなのかは言っていません。メタルじゃなくなるのか!?(笑)
 2021年の初めに、彼の相棒でもあるベースのマルコ・ヒエタラが鬱病でバンドを去ったのは、彼にとっても壊滅的な事態だったそうですが、解散しようとしたホロパイネンさんは、マネージャーに止められて、ベーシストにユッカ・コスキネン(元Norther/Wintersun)を迎えて存続することになったようです。
 新アルバムのデモづくりもすでに開始していて、「僕が歌詞とメロディーを歌ってフロールに送り、彼女がそれをちゃんとレコーディングして、それを見ながらお互いにアイディアを交換するんだ」ということらしいです。

 で、その一方でボーカリストのフロール・ヤンセンさんの方は、バンド活動とは趣の違うソロアルバムを来年発売されることを公表しました。
 タイトルは、<Paragon>で2023年3月24日に、デジタル、CD 、アナログ・レコード、限定ボックスセットで発売されます。
「私を定義するものー私が歩むべき道を示すものー・・・、 私はついに自分のパラゴン(模範)に到達したのです この作品をとても誇りに思います! そして、この美しい人生の中で、私をここまで導いてくれたすべての素晴らしい人々に感謝しています!」だとか。
 実はヤンセンさん、3月にソロ発売後は、そのプロモーションで4月からヨーロッパでソロツアーに入ることが決まっているようですから、放射線治療のスケジュールを変更して、ナイト・ウィッシュのアジア公演が中止になったのも、そちらの都合があるのかもしれませんねー!ま、ソロの方が大事か。(笑)
 このソロアルバムの内容の方は、メタルとは全く無関係な、いまどきのヨーロッパ的なバラードアルバムになってます。なんか北欧の犯罪ドラマのサントラにはぴったりな感じですかね。

 すでにシングル3曲が公開になってますね。

Floor Jansen <Paragon>

01. My Paragon
02. Daydream
03. Invincible
04. Hope
05. Come Full Circle
06. Storm
07. Me Without You
08. The Calm
09. Armoured Wings
10. Fire

3本PVが公開されてます。

コメントは受け付けていません。