ケヴィン・エアーズ大師匠のご冥福をお祈りいたします。

 なんてこったあ!ケヴィン・エアーズ死んじまった!

 ケヴェン先生はここ何年かは、南仏の自宅でほぼ隠遁生活を送っておられましたが、今週2月18日(2013)に自宅で亡くなっていたことが判明しました。近所の住民により、翌19日に発見されたようで、睡眠中に亡くなったようだとのことです。享年は68才。まだまだ生きて欲しかった・・・!

 ワイルド・フラワーズやソフトマシーンのオリジナルメンバーで云々などといいう解説はこのさいどうでも良いでしょう。
 とにかく大師匠は、故シド・ヴァレット大明神と並ぶ詩人であり、とてつもなく渋カッコイイ、シンガーでした。合掌。

<追記>
 「燃え尽きなきゃ輝けないぜ!」
 大師匠が所属していたレーベル「lo-Max」のバーナード・マクマーハンがテレグラフ誌に語ったところによれば、彼は病気は持っていなかったが、ロックンロールライフスタイルを実践していた・・・。彼の死には関係ないだろうが、ベッドの脇で発見されたノートには“You can’t shine if you don’t burn.”と書かれてあった・・・つうことです。さすが??

近年のインタビュー

1967年の初期ソフトマシーン

1972年のソロ

コメントは受け付けていません。