アンダーソン+ウェイクマンのニューアルバム

 イエスの再結成ツアーでは、病気をしたのをいいことに外されて、クリス・スクワイア、スティーブ・ハウ、アラン・ホワイトとは大きな確執があると思われるジョン・アンダーソン教祖。もう一人の絶頂期メンバー、リック・ウェイクマンと組んでツアーをすると発表していましたが、なんとスタジオアルバムもリリースすることになりました。タイトルは「The Living Tree 」。アルバムはレコーディングを終え、11月の終わりには、アマゾンなどでも発売される予定。

今は発売元のゴンゾ・マルチメディアのサイトで優先販売されている。


トラックリスト
Living Tree (Part 1)
Anyway and Always
23/24/11
Morning Star
House of Freedom
Living Tree (Part 2)
Forever
Garden
Just One Man

 彼らのライブツアーを観覧した人だけが入手できる、エクストラ・バージョンが存在するという噂もあるようです。

<追記>

 一方、最新のニュースでは、イエスを名乗っているスクワイア、ハウ、ホワイト側も、そっくりさんボーカル、ベノア・デヴィットとウェイクマンの息子、オリバーというライブ同様のメンバーでイタリアのレーベル、フロンティア・レコードとニューアルバムをレコーディングするという契約を結んだのだとか・・。「Drama」以来の教祖抜きのアルバムを、そもそもイエスの新作と言うべきか疑問も残りますが、イタリアからと言うのが輪をかけて怪しげですね。(笑)

コメントは受け付けていません。