エニドのクリスマスコンサート

 74年、バークレー・ジェームズ・ハーベストのオーケストラ指揮者ジョン・ゴドフリーを中心に結成されたシンフォニック・プログレバンドとして名高いエニド(The Enid)。90年代に復活。今年の5月には、今まで版権の問題からか、レコードとは違う再録音でしか流通していなかった初期2作品のオリジナル版もCD化され、活動も活発に成ってきたようだ。その彼らが今年(2010年)の12月20日に、イズリトン(ロンドン)のユニオンチャーチで1日限りのクリスマス特別ライブを行うことがわかった。
 ビクトリアン・ゴシックの名建築であるユニオンチャーチのステージで、クラシックをロック楽器でそのまま演奏したような、エニドの荘厳なステージはさぞかし見事な組み合わせだろうが、今回の注目点はギタリスト。復活後のエニドは、ゴドフリーと「Touch Me」に参加していたドラマー、デイブ・ストーリー以外は若いメンバーだが、今回はなんとオリジナルメンバーのギタリスト、フランシス・リカーリッシュ(Francis Lickerish)がゲストで参加するという。彼のリュートソロも聴けるようだ。

コメントは受け付けていません。