ジェネシス版のラトルズか?プログレ・パロディー・ドキュメンタリーが人気!

 BBC4でオンエアされている、ピーター・ガブリエルをパロディにした、ドキュメンタリー・コメディ「The Life Of Rock With Brian Pern」が話題を呼んでいる。
「彼はプログレッシブ・ロックを開拓し、ワールド・ミュージックを発明し、PVの中で初めてプラねんどを使用した!そして今、彼が贈るのが、ロック・ドキュメンタリーの決定版だ!」
 どう見ても、このうたい文句、ガブリエルさんとしか言いようがない!(笑)
「The Fast Show」(BBCの有名なパロディ・コントショー)などで知られる、サイモン・デイが演じる、ブライアン・ペリンがピーターガブリエルそっくりの主人公。その彼の誕生から死までのドキュメンタリーが、彼自身の視点で語られるというコメディ・・・らしい。

Life Of Rock

 しかし、監督で自身、俳優/コメディアンでもあるレイ・トーマスによれば、「僕自身がジェネシスやクィーンやそういったバンドの信奉者だし、これは決して<アンチ>ではないんだ、ただこれらのバンドのお馬鹿バージョンなだけでね!」
 ガブリエルさん本人や、リック・ウェイクマンさんなどもすでに出演しているらしいし、実現していないが、フィル・コリンズ先生やロジャー・ダルトリーさんも出たいという話があるらしい。イギリスでは有名司会者から美術史家、占星術師など多くの著名人が内容を気に入り協力したという。
 予告編を見るからに楽しそうだ。ぜひ日本でも放映していただきたい!!

コメントは受け付けていません。