R.I.P. フランチェスコ

クラブチッタが発表したところに寄れば、来日予定であったバンコ(BANCO DEL MUTUO SOCCORSO)のヴォーカリスト、フランチェスコ・ディ・ジャコモ氏が2月21日(金)、交通事故により突然死亡したらしい。享年66才。詳細は不明だが、ローマ郊外ザガローロで自らの車を運転中に、なんらかの理由で操作を誤り、対向車と衝突した模様である。来日の変更等も未定である。

クラブチッタのアナウンスメント>>

<追記>
フランチェスコ・ディ・ジャコモを突然失ったバンコですが、追悼の名目で日本公演は決行されることが決まったようです。
<再追記>
結局、その後準備不足のため公演は中止(もしくは延期)となったようです。

中止のお詫び>>

コメントは受け付けていません。