カンタベリーロックのルーツをたどるドキュメンタリー!

プログレのドキュメンタリーを撮り続けている、アデル・シュミット<Adele Schmidt>とホセ・セガーラ・ホールダー<Jose Zegarra Holder>が、「Romantic Warriors – A Progressive Saga」シリーズ第3弾となる、60年代から70年代にかけてのカンタベリー・ロックのドキュメンタリー「カンタベリーテイルス」<Romantic Warriors III – Canterbury Tales>を製作中。
その一部ティーザー映像が公開されました。
かれらは、クラウド・ファウンドで資金調達を図っているようで、今回の映像はそのキャンペーン用に公開されたものですね。
まあ、なかなか地味なテーマにお金を出してくれるスポンサーも居ないご時世なんでしょうね。映像は、さすがに大変です。
このドキュメンタリーで取り上げられているのは、ワイルド・フラワーズ、ゴング、ソフトマシーン、キャラヴァン、マッチングモール、ハツトフィールド、ナショナルヘルス、エッグ(その前身のウリエル)、ギルガメッシュなどの有名どころから、大陸におけるカンタベリーフォロワーとして一部にだけ知られるムービング・ゼラチン・プレーツ<Moving Gelatine Plates>やスーパーシスター<Supersister>までも取り上げていて、なかなか楽しめそうです!ロベルト・ヤン・スティップスのインタビューなんて、そうそうお目にかかれるものじゃありません。

お金が余っているカンタベリーファンは、ぜひこちらから>>寄付してあげてください。(笑)

こちらはキャンペーン用のプロモ

コメントは受け付けていません。