R.I.P.ジョン・ガスタフソン

 ロキシーミュージックの<Love Is Drug>のあのベースを弾いていた人。
 イアンギラン・バンドや、クォーターマス、ハードスタッフ、ロジャー・グローヴァーやゴードン・グリトラップとの仕事でも知られる名ベーシストにして、ヴォーカリストでもあるジョン・ガスタフソン<John Gustafson>が、9月12日に死亡したようです。ただし、詳細は報道されておらず、不明です。
 スウェーデンとアイルランドの血を引く、リバプール生まれのイギリス人で、1942年生まれというから享年72歳。クォーターマスとイアンギラン・バンドで知られ、イアン・ハンター、スティーブ・ハケット、リック・ウェイクマンのアルバムなどでもクレジットされているため、完全にプログレ・ハードの人という印象ですが、もともとはビートルズ世代のミュージシャンで、ギターやボーカルも担当していたそうです。
 ロジャー・グローヴァーのアルバム<The Butterfly Ball>では1曲ボーカルを担当。さらに83年にビリー・ ブレムナー(元ロックパイル)、レン・フェンウィック(元イアン・ギランバンド)、ジョッキー・マコーレー(元ゼム、トレーダーホーン)、レス・ビンクス(元ジューダ・スプリースト)らと結成した<ROWDY>では、Bassとともにボーカルを担当。プログレもハードロックもみじんも感じさせないロックンロール親父ぶりを発揮してますぜ。
 R.I.P. John!

ガスタフソンのヴォーカルが聴ける、ロジャー・グローヴァーの<The Butterfly Ball>ライブからの映像

ROWDYの為にガスタフソンが書いたこの曲は、ステイタス・クォがレコーディングした。

コメントは受け付けていません。